【ギター初心者】キレイに音を出す方法を習得した予感がするのでまとめます。

ギター初心者にとって、音をキレイに鳴らすことは結構難しいですよね。

ちゃんと押さえているつもりでも、上手く音が鳴らなかったり…。

わたしも全然上手くいかなくて、「バヤン、バヤン、」って汚い音が鳴っちゃってました。笑

でも少し気をつけるだけで、簡単にキレイな音が出せるようになるコツがあるんです!!

ということで、この記事ではコードが上手く鳴らない3つの原因と、わたしが実践した対策をまとめておこうと思います。

コードが上手く鳴らない原因

上手く鳴らない原因は、大きく分けて

  • ①指が他の弦に触れている
  • ②弦を押さえる力が弱い

の2つが考えられます。

①指が他の弦に触れている

音が汚い原因は、だいたいこれだと思います。

「指が他の弦に触れる」ってどういう状況かというと、押さえるのに必死になって、他の弦をミュートしちゃってるんですね。

例えば、Cコードでありがちなのは、

  • 薬指が4弦に触れている
  • 中指が2弦に触れている
  • 人差し指が1弦に触れている
  • 中指や薬指の付け根が1弦に触れている

などのケースです。

もちろん他にもあると思いますが、経験上多いのはこんな感じ。

試しにCを押さえて確認してみてください。隣の弦に指が触れたりしていませんか?

②弦を押さえる力加減が下手っぴ

もうひとつの原因として、「弦を押さえる力加減が下手」なことが挙げられます。

始めたばかりの頃は慣れなくて、弦を押さえること自体に難しさを感じていました。

力が弱すぎると音が鳴らないし、無駄に力みすぎるとすぐ疲れてしまう…。

だって指、痛いし。

綺麗に鳴らすコツは?

音を綺麗に鳴らすには、

  • ①指を立てること
  • ②程よい力加減を覚えること

この2つが上達への近道です。

①指を立てる

他の弦に指が触れないようにするには、指を立てるとよいです。

ここでいう「指を立てる」とは、「爪を立てる」感覚に近いと思います。

そのとき意外と重要なのが、爪の長さです。

指を立てて弦を押さえたときに爪が当たると、楽器が傷ついてしまってよろしくないです。

当たってる人は、押さえたときに爪が当たらない長さにしてみると、弾きやすくなるかもしれません。おためしあれ。

わたしは結構短めにしてます。

②程よい力加減を覚える

指を立てるように気をつけたら、あとは力みすぎず弱すぎずの程よい力加減を覚えることが大事です。

要するに慣れですね。←

でも、たくさん弾いてるうちにできるようになるので、特に気にする必要もないかと思います。

おさらい

綺麗な音を鳴らすには、

  • 指を立てる
  • 程よい力加減を覚える

こと!

ぜひ試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

人気のタグ